読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらし

わたしが感じたこと

卒業

2017.3.17

そら

小学校卒業

 

最後のホームルーム

 

この2年間

男の若手の先生に

担任を受け持ってもらっていた

 

毎日あった出来事に対して

納得いかないことが

多々あったようで

 

文句を言ったり

反抗したり

反発したり

 

帰宅すると

まず愚痴から始まるのが日課だった

 

今日

最後のホームルームで

先生の言葉と

お手紙に

そら大号泣

 

びっくりするぐらい

泣いていた

 

本当にいろいろありすぎたけど

それはすべて

先生の愛が根底にあったからだと

思えたみたい

 

帰宅し

クラスの子たちと遊んでも

涙してたというから可愛い

 

受験して

他の学校にいく子も

数人いるらしく

「最後の手打ち野球をやろうぜ」と

みんなで涙したり

 

普段

学校や人前では

絶対泣くこともない

そらが

今日は死ぬほど泣いたんだと

 

「卒業って切ないね」と

ぽつり

 

お風呂からあがると

先生に手紙を書くといって

いまも書き続けている

 

すべてがとけたような

天と地がひっくり返ったような

すべてが感謝にかわった

たとえようのない日だった

 

そんな姿に

わたしは感動し

泣いちゃったり

 

とことん

あほ親子

 

 

平本美保